通信添削、小説講座等料金改訂しました。

通信添削、小説講座の料金を一部改訂しました。 小説講座は一回2500円に統一します。 3回前納6500円にしていたのですが、それもやめます。遅刻した方は気の毒なので千円引いたりしていたのですが、次回から2500円頂くことにします。 私としてはなるべく安くで参加して頂きたいなと思っているのですが、参加者3人のときとかあって、レンタルオフィス代を払うといくらも残らないので、ご協力お願いします。 また通信添削も、少し値上げしています。ですが、この料金は、作家が通信添削をやる場合の半額から3分の一です。高いなーと思われる方は、ココナラだと安いですよ。 私がご指導できるのは、新人賞の予選通過ができる小説の書き方です。売れる小説の書き方なんてわからないし、大きな賞を取って華々しくデビューする方法なんてわかりません。だって私自身「大きな賞を取って華々しくデビュー」なんてしてないんですもん。私は私の知ってることしかお教えすることができません。 小説教室に限らず、この手の講座は、作家のレベルによって内容が決まってしまいます。作家が何を書いているのか、あらかじめ調べ

てから申し込んで頂くほうがいいですよ。 次回小説教室は、9月16日(日)、死亡フラグで小説を書こう(伏線を生かして小説を書こう)。起承転結の起からお話を考えるのではなく、結から逆算でお話を作っていくテクニックです。筆記用具と好奇心だけお持ちください。二時間でひとつ、お話を作って頂きます。 それ以降の予定は、デビューされた方が来てくださったので、「新人作家が覚えておくべき法律&税金&業界ルール」をやりたいと考えています。 また、なろう作家さんをお招きして、「投稿サイトで書籍化するテクニック(ポイントの取り方)」を教えて頂く授業を儲けたいです。私自身、ポイント取れなくて困ってるからです。 9月25日(火)は合評会ですが、参加者が少なくなってきて、どうしたものかと考えています。人が少ないので、しっかり勉強できておすすめです。 (引用はじめ) 啓林堂書店奈良店(近鉄奈良店徒歩一分)一階奥の、レンタルオフィスDUOにて、文章教室を行っています。第3日曜日の内容は講義方式です。 費用は一回2500円 月謝以外のお金、教材費、入会金、消費税、冷暖房費

等は一切頂きません。とびとびに来ることもできます。添削を希望される方は、プリントアウトして持って来てください。お預かりして次回講評します(別料金は頂いておりませんが、原稿をお預かりする関係上、連続して来てください)。 9月16日(日)AM10:00〜12:00、死亡フラグで小説を書いてみよう。伏線を生かした小説の書き方。 10月21日(日)AM10:00〜12:00 第四火曜日のレッスンは、合評会中心で、事前に小説をメールや郵送で渡しておき、感想を言い合い、講義も行うというものです。そのため、連続して来て頂く必要があります。少しずつ書いて長編を完成させる方もいらっしゃいます。参加者募集中です。一回2500円、都度払いです。ジャンル不問ですが、私の小説教室では「自分の言葉で」文章を書こうとする方を歓迎します。 9月25日(火)AM10:00〜12:00 10月23日(火)AM10:00〜12:00 11月27日(火)AM10:00〜12:00 トラブルの相談お受けします。 原稿料の未払いでどうしていいかわからない、企画を通して三回も書き

直しをしたのに本が出ないと言われたなど、トラブルで困ってる方がいらっしゃいましたら、私でよければアドバイスします。編集者とケンカする前に、あるいはネットで書いてしまう前に、私にメールをしてみませんか。契約書に気になる条項がある、と言った質問もお答えできます。相談料は一件1000円です(面識のある方は無料です)。 (トラブル相談という性格上、即レスを心がけています。返信が24時間以上遅れるときは相談料は頂いておりません)お問い合わせはwakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。 教室に来たいけど遠方でこれないという方に、通信添削をお引き受けします。 小説をプリントアウトして、送って頂いたら、一週間以内に添削と講評を書いてお返しします。返却の封筒の中に振り込み先を書いた紙を入れていますので、講評を確認してからお振り込みください(後払いです)。 原稿用紙50枚まで 1500円 51枚〜100枚 3000円 101枚〜150枚 4500円 151枚〜200枚 6000円 201枚〜250枚 7500円

251枚〜300枚 9000円 301枚〜350枚 10500円 351枚〜400枚 12000円 それ以上の枚数は、50枚ごとに1500円増えていきます。 さらに講評シート2000円と、返信の送料(レターパック360円)を実費で頂いています。講評で疑問点がありましたら、メールで質問を2回までお受けします。 (原稿用紙350枚の長編の場合の講評は14360円になります) (何度もメールしてくださる方もいらっしゃるのですが、すみませんが2回までにしてください) お問い合わせはwakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。原稿を啓林堂書店奈良店にいきなり送りつけないでください。レンタルオフィスには郵便物の転送サービスはありません。あなたの貴重な原稿が紛失するかもしれません。 プロットチェックお受けします。 A・プロットのアドバイス一件2000円(後払いです) B・はじめに200字ほどのあらすじを4本ほど出してもらって、その中のひとつを選びプロットにして頂き、プロットの書き直しを3回まで見るコース

5000円 商業でするときのやり方です。(Bのみ前払いです) どちらかお選びください(小説教室の生徒さんは無料です) (引用おわり)